クロダイ Mリグ 完全攻略
最新キス釣り仕掛け集

キス釣り仕掛け

キス釣りで食いが悪いときの対処仕掛け

キスつり仕掛け攻略情報へようこそ。
                       
キス釣り仕掛けをご紹介します。
今回はアタリが渋いときの仕掛けについて。

キスの投げ釣りをしていてもやはりなかなかエサを食ってこない時があります。アタリはあるんだけどという時にまずすることは、
オモリを変えてみてください。

食いが悪いときは敏感になっている時がおおいので、エサを咥えた時にオモリの抵抗があるとすぐエサを離しがちです。

普通は値段的にもジェット天秤などを使用しますが、
食いが悪いときは迷わず市販の誘導天秤を使ってみましょう。

キス釣り仕掛け

キスの防波堤釣り仕掛け

キスつり仕掛け攻略情報へようこそ。
                       
キス防波堤釣り仕掛けをご紹介します。

●道具
2m前後の投げサオまたはルアー竿。小型スピニングリール。オモリはジェットテンビンの5〜20号くらい。防波堤では波が穏やかであれば10号前後で十分です。
ちなみに僕は15号を標準に使います。
●エサ
イシガコイ(ジャリメ)、アオイソメ、ゴカイ。付け方は1匹付けが基本ですが、食いの良いときは、半分に切って使っても良い。どのエサも日光に弱いので、クーラーボックスから小出しにして使うこと。
●キスの釣り方                        仕掛けはポイントよりやや沖目に投入し、オモリが底に着いたら、余分な糸を巻き取り、ゆっくりと引く。できるだけ広い範囲を探る。アタリがあっても即あわせは不要。同じペースでリールを巻き、2度目や3度目のアタリを狙うのがこつ。
置き竿にしても釣れますが外道が良く釣れます。
よく釣れる外道はヒトデです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。